「何もしないという贅沢」で脳をリフレッシュ!

どうも。

「何もしないこと」が非常に難しく感じる、管理人ことa-kazooです。

「何もしない」ことが最高の贅沢

ホテル=無駄に広い=贅沢

時計=無駄に装飾品がついている=贅沢 etc

無駄=贅沢という定義にはならないでしょうか。

一般的に仕事は、無駄=悪とされています。

1分1秒時間を惜しんで働くことが「善」とされています。

では時間はどうでしょう。

暇さえあればスマホを見る人、ゲームをする人、雑誌を見る人、テレビを見る人、スポーツをする人などなど。

時間は貴重だから何かしないともったいない!

そう思っていませんか?

時間は確かに貴重です。だからこそ大事に使うべきだと管理人も思います。

しかし贅沢という観点からみたとき、どうでしょうか。

時間を無駄にする最たる方法は「何もしない」になります。

「何もしない」ことで脳疲労が回復

では「何もしない=ひたすらボッーとする」を実行すると、脳ではどのようなことが起こるのでしょうか。

疲れた脳が回復する、効果的に頭を休めるコツは「ぼーっと」すること

引用元:News Picks (ライフハッカー[日本版] 2015.3.15)より

上記リンク先にもあるように、

何もしない=ボッーとする=脳が回復

なのです。

ボッーとしているときは、「情報」が脳に入ってきません。

つまりは入力がされないのです。

入力されないうちに、脳はメモリーの中を整理します。

整理することにより、必要な情報と不必要な情報が区別され、脳のメモリーがクリアーになります。

そこでクリエイティブな発想や斬新な企画が創造されるのです。

常識を打ち破るには「贅沢をたくさんする!」

現代は「1分1秒でも時間を無駄にしない」がスタンダートになっています。物(ハード)作りであれば、それが正しい判断だと思います。

しかし、情報・コンテンツ(ソフト)作りはまったくの真逆なのです。

「常識を打ち破るためには、常識を知らなければならない」という格言はすでに言い尽くされていますが、現代の科学によって今まで常識だったもの(良かれと思っていたもの)が、どんどんアップデートされています。

今まではボッーとすることは「怠けている」「サボっている」という意味合いが強かったですが、情報が大量に行き交う現代ではむしろ推奨されるべきことです。

最後に

脳の疲労は、放っておくと深刻な病を引き起こすことも報告されています。

うつ病、慢性疲労症候群、各種神経系の病気などなど。

クリエイティブな発想などにも、もちろんボッーとすることは必要ですが、まず何よりも自分の健康を守るために、意識してボッーとすることが重要になります。



元気があればなんでもできる!元気があれば何度でもやり直せる!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。