犬に噛まれる!その理由とは?

どうも。

暑すぎて水の摂取量が3倍に増えた、管理人のa-kazooです。

今日は衝撃的なことがありました。

なんと13年間飼い続けてきたペットの犬(マーク)に初めて噛まれてしまったのです。

なぜ今日なのか・・・

何か悪いことしたかな・・・?

単に虫の居どころが悪かった?だけ?

それともあまりの暑さに頭が認知症になっていたのかな・・・?

管理人が犬に噛まれてしまったのは人生で2回目です。

今回は血が出るほど深くは噛まれませんでしたし、ちゃんと狂犬病の注射も打たせてあります。

13年飼ってきた犬(マーク)が噛む理由を少し勉強してみました。

犬が噛む理由

それは以下の3つです。

・病気や怪我をしている

・人を敵だと思っている

・ストレスが溜まっている

今回噛まれた理由で考えられるのは「ストレスが溜まっている」です。

散歩中に起きたアクシデント?

実は散歩中に子供づれの親子が通りかかって、「この犬可愛いね!」と声をかけてきました。

管理人は、「このワンちゃんは噛むかもしれないから触っちゃダメだよ」と言って、犬のリール(綱)を短く持って押さえつけていました。

その時のマークくんの顔がかなり引きつっていました。

飼い主以外に近づかれたことがあまりないので、相当緊張していたのだと思います。

1分ほどしてその親子は去って行きました。

マークくんは何事もなかったかのように歩き始めました。

そして犬小屋に戻ってくると、そそくさと小屋に入りました。

管理人は「あれっ?」と思いました。

いつもなら管理人の足元にきて、匂いを嗅いできます。

今日はそれが無いのです。

「どうした?マークっ」

小屋に手を伸ばして、頭を撫でようとした瞬間・・・・!!!

「ガブッ」といかれました。

ただ管理人は運よくすぐに手を引っ込めた関係で、歯がかすった程度で済みました。

そのあと「グルル〜ワンッワンッッ!!!」と威嚇されるように吠えられました。

・・・と噛まれた経緯を書いてきたのですが、おそらく慣れない人に長時間(といっても1分)接していたのが、ストレスが溜まっていた理由です。

しかし2歳程度の子供とは恐れ知らずなのですね。

いきなり近づいてきて、見知らぬ犬を触ろうとするんですから・・・

犬もいつも上機嫌じゃない!飼い主であっても要注意!!

今回は13年苦楽を共にしてきた(?)飼い犬に噛まれた経緯と理由を書きました。

皆さんの中にも、長年ペットを飼っている方もいると思いますが、人間と同じでちょっとしたストレスで気分変調をきたす場合がありますのでご注意ください。

今回はそれを思い知りました。

ペットと言えども赤の他人。

ということですかね。

それでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。