Amazonプライム入会=Amazon Mastercardゴールド入会

インフラ活用

どうも。

管理人のa-kazooです。

 

最近さらにアマゾンの躍進が目立ってますね。↓

Amazonプライムの会員数がついに1億人を突破したことが明らかに

(出典:livedoorNews 2018.4.19)



 

今のうちに会員になっておくべし!

ネット通販等を頻繁に利用する人は、既にプライム会員になっているかと思います。(予想)

なんせほとんどの商品が送料無料で時間指定までできますから。

時間指定できないと再配達になる可能性が高まり配達員さんに申し訳ない(泣)

 

さらにはこんな特典が↓

Amazonプライムについて(Amazonヘルプより)

 

送料無料以外に

・Amazon Musicで一定の音楽が無料聴き放題

・Prime Videoで一定のコンテンツが無料見放題

などなど

 

これから本格的にネット通販を使おうとしている方や、なるべく安く映像・音楽コンテンツを見たい・聴きたい方は、迷わずAmazonプライム会員になることをオススメします。

 

しかし一定の要件の方は

会員費年間3,900円or月額400円(どちらも税込み)

でそのまま契約するより

Amazonゴールドカードを作って

会員になることをオススメします。

 

クレジットカード年会費4,320円≒プライム年会費

ゴールドクレジットカードを作成するとやはり年会費がかかってきます。

・リボ払い(1回払いにすれば通常払いと同じ)で支払い

・請求書をメールで送ってもらう

この2点をクリアーすれば

年会費は4,320円(税込み)まで下がります。

(これをクリアーできなければ最大10,800円w)

 

Amazonプライム通常年会費は3,900円ですから、4,320円と比較しわずかに420円高くなります。

しかし・・・

Amazonを頻繁に使ってモノを購入する人は

ポイントが通常の2.5倍になります。

ですのですぐにポイントが貯まります。

しかもそのポイントはAmazonプライムで商品を買うのみならず、Kindle(電子書籍)などでも使用することができます。

 

ですので通常のプライム会員になるよりはAmazonゴールドに入会すべきです。

しかし・・・

審査要件は結構厳しい・・・が入会するなら今のうち

ゴールドカードですのでやはり入会審査は他のカードよりも厳しくなります。

(ちなみに審査は厳しいことで有名な三井住友カードがしています。)

概ね年収400万円以上が対象らしいですがネット記事を見ると、それ以下でも審査を通った人もいるようです。

 

管理人も当然に審査を受けましたが、なんと一定の要件を満たしているにも関わらず

「即時審査サービス」で落ちてしまいました!

・・・でも本審査では通りました(ホッ)

 

落ちた理由はWeb上で決済用の銀行口座を登録するのですがそれが3回エラーになったことが要因と思われます。(なぜエラーになったのか不明。違うクレカでは大丈夫だったのに)

 

今は銀行がマイナス金利などの影響で収益の伸び悩みに苦しんでいます。

ですので収益性の高い個人ローンなどで収益を上げたいのが本音です。

 

しかし最近は個人への貸付残高・自己破産件数が増えてきていることから、金融庁様が、個人に対しての審査が緩いのでは?と銀行に対し勧告してきています。

 

よってそろそろ銀行の個人貸付の大盤振る舞いは終止符を打ちそうです。

 

この大盤振る舞いが終わる前に、何とかクレジットカードの審査は終えておきたいところです。

 

最後に・・・Amazon利用上の注意

Amazonプライムは管理人も頻繁に使っていますが本当に便利なサービスです。

近所の店にない商品も大抵は存在していて、注文すれば大概次の日には届いています。

 

購入するときの注意点は、

同じ商品があったら楽天と比較して購入することをオススメします。

なぜなら「送料込みで楽天の方が1,000円も安い」という商品を購入したことがあるからです。

(楽天カードは多くの人は持ってますよね?持ってない人はすぐに作った方が便利です。審査も超緩いし。併用して買い物した方が効果的です。)

 

では皆さま、快適なAmazonライフを・・・

それでは!


コメント

タイトルとURLをコピーしました